『掘る能』/歴史・伝統系 (原曲/椎名林檎『本能』


♪ 掘る能 - Parody Songs
裏付けはいらないわ
果たされないことなど大嫌いなの
ずっと掘り続けていたいわ
何も出ない遺跡に求めているの

どうして歴史の上に文明が生まれたのか
太陽 酸素 海 風
もう充分だった筈でしょ

うれしいのはお互い様で
正しく掘り出す嘘は 誰も何も咎められない
紐といて歴史に擬う

気紛れを許して
今更なんて思わずに急かしてよ
もっと奥まで掘って
あたしの衝動を突き動かしてよ

全部どうでもいいと云っていたい様な月の灯
魔が差した ゴットハンド
そういうの忘れてみましょう

周りにはどうせ独りだし
此の際虚の真実を押し通して耐えていくのが良い
鋭い其の石器が好き

裏付けはいらないわ
果たされないことなど大嫌いなの
ずっと掘り続けていたいわ
何も出ない遺跡に求めているの

気紛れを許して
今更なんて思わずに急かしてよ
もっと奥まで掘って
あたしの衝動を突き動かしてよ
♪ 解説 - Parody Songs
日本の考古学は理論そっちのけで「でたもん」勝ちです。
古い時代の地層から「でちゃった」ら、それが真実です。
虚の真実だったとしても…

彼は焦っていました。
今まで何度となく重要な遺跡を掘り当て、
別名「ゴットハンド」とも呼ばれていた彼
しかし、今回は重要な出土物が見つからなかった。
しかも其処は彼の故郷の土地
どうしても重要な物を掘り出したい。

「此の際虚の真実を…」
そんな彼の「気紛れ」が起こったのも
「全部どうでもいいと云っていたい様な月の灯」の夜だったのでしょう。

しかし、この「気紛れ」は冗談だけではすまされませんでした。
歴史の教科書には「最古の遺跡」として掲載され
その故郷は一大観光スポットに、
疑問を感じた学者もいたようですが
「ゴットハンド」の言うことは信じるしかありません。

彼はどんな気持ちで「耐えて」いたのでしょうか?
そこがとても気になりますが
記者会見の彼を見れば察する事は容易でしょう。

今回の事のみで、彼を全否定するのは避けるべきだと思います。
彼は紛れのない「掘る能」の持ち主だからです。

最後に今回の制作に当たり、一番驚くべき事は
「半分くらいそのまんまの歌詞」ということです。
この曲は、このためにあったのではないかと錯覚してしまうくらいの
見事な歌詞でした。

(written by joe / special thanx to O-B & 2gz)
「パロディソングス」トップに戻る