『〜Muneonight Dejavu〜秘書代のブルース』/政治行政/辻元秘書給与疑惑
原曲…『〜Midnight Dejavu〜色彩のブルース』/EGO-WRAPPIN'


♪〜Muneonight Dejavu〜秘書代のブルース - Parody Songs
昨日の夢 ムネオちゃんに翳り
今日の夢 沈黙の気配示す
新潮の記事をゆっくり巡る
報道のリズム 心で避けましょう

関西の口から流れるメロディー
激しく当たる与党の影
社民のしくみが奏でるブルース
搾取している疑惑も 確かめて・・・

目に浮かぶ 喚問の風景画
ひしめきあうしゃがれた声の洪水
ワイドショーの中に封じ込めた姿を
受ける約束 リズムでかわしましょう

吐きだす言葉も 萎えたメロディー
切なくよみがえる デジャブの香り

心を溶かす 秘書代のブルース
きつくささやいたニュースが 眠るまで・・・


♪ 解説 - Parody Songs
ムネオ問題の急先鋒と呼ばれたあの人にこんな疑惑が!

今回の主役は「疑惑の総合商社」とムネオちゃんを名付け
ムネオ劇場における最優秀新人女優とも言われた
社民党の辻元清美政審会長です。

3/20発売の「週間新潮」においてこんなスキャンダルが
報道されました。
政策秘書給与約1500万円をピンハネしているというものです。
この政策秘書と言うのがまた複雑な物。
兼任もありという制度でよくわからん展開になっています。
「週間新潮」の記事によれば
「辻元氏は97年4月から98年12月まで、照屋寛徳参院議員(当時)の
私設秘書の名義を借用。衆院議長に政策秘書として届け出て、
その給与約1500万円をだまし取った疑いがある」とのこと
辻元氏はこれに対し
「女性秘書には政策秘書としての役割を果たしてもらった。
給与は正式の手続きにのっとり、支払っていた」と述べています。

これに対して、お祭り騒ぎなのが、そう「自民党」
ムネオちゃんの仇討ちみたいな雰囲気になってます。
そうなってくるとー・・やっぱり承認喚問ですよねー。
自民はやる気、社民も来るなら来いと言った感じです。

蘇ってきますね・・あの承認喚問が・・
言われちゃうんでしょうか?
「辻元さん、辻元さん、辻元さん、がっかりしますよー」
「あなたは疑惑の小売業者ですよー」
「いわゆるキヨミハウスに関しましてー」
あ、それはないか・・

(written by joe)

「パロディソングス」トップに戻る