『笑人よ The Too Long Comedy』/メディア報道/電波少年問題発生
原曲…『旅人よ The Longest Journey』/BAKUFU-SLUMP


♪笑人よ The Too Long Comedy - Parody Songs
何だかほんとに失望したよ 無茶して世間を傷つけただろ
何だかほんとに失望したよ 世論の怒りを今買ったから
やるせない夜は替え歌を コーラスにしてあの人に
ユキオが変だと言いまくれ 計算できない打ち切りの

強い風に今立ち向かってゆく 遥か彼方を目指した笑人よ
いつか再び君に出会うのかな どうかどうか過去にすがらぬまま

30.4%の壁を 乗り越えなければならないんだな
30.4%の壁まで しっかりしなけりゃならないんだな
果てしない夜は切なさと カッパに扮したあの人の
写真を隠しで撮りまくれ どうにもならない打ち切りの

強い風に今立ち向かってゆく 遥か彼方を目指した笑人よ
いつか再び君に出会うのかな どうかどうか過去にすがらぬまま

広い宇宙の上を飛んでゆく 遠く遠く電波を発するために
カッコ悪い道を選んだ男 カッコ悪い末を選んだ男
強い風に今立ち向かってゆく 遥か彼方を目指した笑人よ
いつか再び君に出会うのかな どうかどうか過去にすがらぬまま



♪ 解説 - Parody Songs
うへうへ、ついにアノ番組「電波少年」が登場だuhe!
ちなみに。この曲タイトルは「わらびとよ」と読んでくれuhe。
コトの成り行きはこんな感じうへよ。
大学の講演をしていた民主党の鳩山さんに、
質問コーナーの最後で電波少年のママさんコーラス隊が向かったuhe。
その時に披露したのが「鳩山さんちのユキオくん」という替え歌、
その歌詞の「バカにしたような」内容に鳩山さんカンカンuhehehehe!
「番組打ち切り」を日本テレビに求めちゃったuheなのです。
政治家さんだから、それはそれは「強い風」なのuheよ。

それと時同じ頃、「遠野物語」で有名な岩手の遠野でも、
ひともんちゃくあったうへ。
カッパに変装した芸人「モンモン」が、
(この人、番組内で横浜応援してて連敗に次ぐ連敗で、ご飯食べさせてもらえなくてドクターストップかかちゃった人uheな)
野宿生活してて、その写真を番組スタッフが「東スポ」や
地元のケーブルテレビに「カッパ発見」ってことで送ったうへ。
まったく、迷惑はなはだしいuheな。

そこで、この替え歌。
その2つの事件を軸に、今まで出演した人々に向けて送った歌でもあるうへ。
大体、この番組で有名になった猿岩石とかドロンズとかRマニアとか
なすびとか坂本ちゃんとかケイコ先生とかサムシングエルスとか
熱狂的巨人ファンとかジャイコとか熱狂的阪神ファンとか
ポプラ並木とか・・後誰いたuhe?鉄棒少女?
とにかくどこいったうへ?
そんな思いを元祖猿岩石のテーマだったこの曲を使って表したuhe。
そーいえば、「替え歌騒動」の作者もこの曲の作者らしいuhe。
非常に良いニュアンスです(笑)

この番組、平均視聴率15%目指してるみたいで、
3ヶ月でそれに行かないと打ち切りなんだって。
でも、今のところ13%も行ってないそーだから終わるuheね。
一時期は最高30.4%も取ってたのにuhehehehehe。
打ち切りって結構シビアうへよ。
スポンサーとの契約問題も絡むし、言っちゃえば会社倒産と
考えてもらえればわかりやすいuhe。
この番組はそれが一番お似合いの終わり方だと思うuheけどなー。

まあ、この騒動もただの視聴率稼ぎって気もするし、
あそこらへんの奴らが考えそうなコトuhe。

注:今回はコメントも「電波」でお送りしました。
只でさえ読みづらい&長文に加えて
さらに読みづらくなった事をお詫びするuhehe。

(written by joe)

「パロディソングス」トップに戻る