『 LANDING TIME』/国際関係/シャトル空中分解
原曲…『RIDE ON TIME』/山下達郎


♪ LANDING TIME - Parody Songs
青い放物線を いま駆け抜けてく
とぎすまされた 時の流れ感じて
アア ときめきへと 動き出す世界は
忘れかけてた 落ちた厚いタイル
Landing Time さまよう宇宙から
やさしく受け止めて そっと包んで オー
Landing Time 摩擦で火が点いて
あふれる圧力に 拡がる Landing Time

国の輝く未来 さあ砕けはじめて
威信の日々も 全て熱に溶け込む
アア 何という朝 今すぐ君のもと
拾いに行こう 燃えた機体迷わず
Landing Time 時が走り出す
船が光り出す 目もくらむ程 オー
Landing Time 機体に火が点いて
飛び散る魂に悔やむよ Landing Time

アー 拾いに行こう 燃えた証拠今こそ オー
Landing Time 時が走り出す
船が光り出す 目もくらむ程 オー
Landing Time 機体に火が点いて
飛び散る魂に悔やむよ Landing Time オー
Landing Time さまよう宇宙から
やさしく受け止めて そっと包んで オー
Landing Time 摩擦で火が点いて
あふれる圧力に 拡がる Landing Time オー…

♪ 解説 - Parody Songs
Landing Time = 着陸時、午前9時にアメリカに悲劇が訪れました。
スペースシャトル「コロンビア」着陸時に分解!
1986年のチャレンジャー以来2度目の事故になります。
当初、発射後に耐熱タイルがはがれ落ち、機体に損傷があったとか
そんな憶測も出ましたが、その可能性は無いことをNASAは
発表しています。

そこで考えられているのが老朽化の問題。
確かに音速を超えて発射され、宇宙の中で作業し、
上空から帰還する。
こんな悪条件の環境を繰り返し行われるスペースシャトルです。
たった一つのキズでも、ちょっとした金属疲労でも
バラバラになったりしちゃうんでしょうね。
だって、音速を超えるようなスピードで、
気圧の壁はおろか、オゾン層とかなんとか圏とか
突き進んでいくんですから、
「高校物理」を超えた凄い力が働いちゃうはずなんです。
そりゃ火だってついちゃったりするんです、摩擦で!たぶん!

この事故で、アメリカ政府も気が気でないわけで、
きちんと事故原因を突き止めないと、莫大な予算がパァになります。
残された通信記録や、映像、機体の破片を調べ尽くし・・
だから、アメリカ国内に散らばった破片を探しに行くわけですが、
それって、「ロトのしるし」探すくらい大変なんだろうなと、
変な心配してしまう私なのです。

乗務員の皆さまのごめい福を心よりお祈りいたします
(NHKの朝ドラでこのテロップ出たそうです。)


( Written by joe )
「パロディソングス」トップに戻る