『IT'S WAR TIME!!』/国際関係/イラク戦争
原曲…『IT'S SHOWTIME!!』/B'z


♪IT'S WAR TIME!! - Parody Songs
全てを焼きはらうように サーチライトが空を照らす
戦士たちも色めく 雄叫びはイラク揺らす

ぞくっとするだろ? 本能がうずくだろ?
パスポート握り ゲートをくぐれ

灼熱への招待 ここじゃすべてがReal
見かえりのない 盾になれる
傷だらけの基地に すぐに送られて
賛成も反対も 受けつけられない
悔いのない時間が流れて
バグダッド光る It's war time!!

虚しさに噴まれる キミが欲しかったのは充実感
勝てる要素ありえない ボクに足りないのは戦闘力

十人十色の想い かかえこんで
空爆の中で生まれ変わる

灼熱への招待 ここじゃすべてがReal
見かえりのない 盾になれる
人質のアイディアで 施設を守り切れ
世界を巻きこむ 渦を起こそう
悔いのない時間が流れて
初心も忘れる It's war time!!

目をそらさず こっちにいてよ
キミだけが ボクを救う

灼熱への招待 ここじゃすべてがReal
見かえりのない 盾になれる
傷だらけの基地に 長く留まって
賛成も反対も 受けつけられない
悔いのない時間が流れて
終わり知らずの It's war time!!
人道知らずの It's war time!!

♪ 解説 - Parody Songs
「人間の盾」って聞いたことありますか?
これから攻撃が加えられようとしている国にわざわざ乗り込んで、 そこに人命を置くことによって攻撃を止めさせようという、捨て身の平和運動です。
(日本人も結構参加しているようですね)

そんな命がけの尊い平和運動ですが、この「人間の盾」に関しては、 平和ぼけ国家の我が国でも賛否両論が渦巻く、いわば「両刃の剣」であります。

国際紛争というものは、どちらかを一方的に「悪」と断じることはできません。
我が国の平和主義思想家たちは、アメリカが一方的にイラクを「悪」と断じて 制裁を科すことに、異議を唱えています。
もちろん、それを否定するつもりはまったくありません。
しかし「人間の盾」の諸君はどうでしょうか。
戦争を回避しようと奔走するあまり、イラク政府を守る行動に走っているのです。
イラク大使館から堂々とビザを入手して、招待同然の扱いでイラクに迎え入れられる 「人間の盾」たち。クルド民族に対する弾圧とか、見て見ぬフリですか?

そして、おおかたの予想通り、軍事施設への配置を指示されて、 それを断固拒否した「人間の盾」代表(?)は、国外退去命令を受けます。
ほかのみんなも戻って来いよ。
ほら、外務省の人達も心配しているよ。


今回の歌詞には「キミ」と「ボク」が登場します。
「キミ」とは人間の盾の諸君。そして「ボク」とはイラク政府の諸君。
そう、今回の歌は、イラク政府が人間の盾を招待した、 バグダッドで開催される「反米」という名の熱きライブを歌い上げているのです。

( Written by MiZ )
「パロディソングス」トップに戻る