『Japaneter』/社会問題/ジャパネット情報流出
原曲…『Jupiter』/平原綾香


♪Japaneter - Parody Songs
Every day I shout to your heart
でぇーぶいでぇぇー
深い夜の時も 物売ってる
果てしない距離を越えて 届く物が
漏れてく奇跡 教えてくれる

Every day I shout to your heart
しぃーでーあーる
この社長(おさ)の特徴(キャラ)に 抱(いだ)かれて

私のこのお金で 何が買えるの?
総額分けさせて ちょっとを支払って
他の通販よりも 嬉しいことは
金利手数料支払わないこと

物を届けるため データがあるなら
名簿の流れるなど 起こりはしない

社長の訛り(なまり)に 耳を澄まして

私の情報が どこへでも行くわ
どこぞのその資料 私の家に

今は社内を 疑って
社長のなまり 封じて

流れたのは他も ひとりじゃない
このままではずっと 不安になる
皆の不信晴れて 輝く未来に
いつかまた喋るわ でぇーぶいぃでぇーと


♪ 解説 - Parody Songs
D・V・D! D・V・D!(AA略)
(正直コレのことジャパネットの事だと勘違いしていたのは君と僕だけのナイショだ!)

あの、軽快なしゃべり口の高田社長でおなじみ「ジャパネットたかた」で 個人情報流出事件が発覚しました。98年7〜9月の間に商品購入の時に伝える 住所、氏名、電話番号などの住所が他に出回り、何か解らないような商品のカタログが送られたり といった被害による電話・メールが400件に登ったということでした。
同社のシステムでは個人情報を取り扱うことができるのも数えるほどの人しかいないため 社内の人間の犯行の可能性が強いという話がでています。

事態を重く見たあの高田明社長は不信感を払拭できるまでと期限を決めずにテレビ、ラジオ ネットなどの通信販売を自粛していくという事です。
しばらくの間・・・あの「でぇーぶいでぇー」が、「しーでーあーるだぶ」が、 「そにーのばいおっ」が、「ジャパネットが負担!」も聞けないんですね・・・
それをする事によっての損失は数十億にも登ってしまうとか。
記者会見の模様を聞けなかったんですが、その模様を想像するに・・・

たかた「このほーそーじしゅくでっ!出る損失・・・良いですかジモンさん ・・・なんとっ・・・数十億円(金額はさらっと)」
ジモン「えぇ〜っ・・安い!」
たかた「さらにぃ〜、金利手数料はジャパネットが負担!」

だったらいいのにな〜・・・


( Written by joe )
「パロディソングス」トップに戻る