『Paid ZERO 〜HARAE! HARAE!』/政治行政/江角マキコ年金未納
原曲…『Round ZERO 〜BLADE BRAVE』/相川七瀬


♪Paid ZERO 〜HARAE! HARAE! - Parody Songs
たった1人きりのキミの発言が
いつか日本の老後変えるだろう

そこにあるものは希望?絶望?
Paid ZERO 始まってる。

知らないと言う罪と 知りすぎる罠
動かなくなる前に 誤解説こう

カメラ振り向く江角
責め寄るように睨む
返らないハズはない 日本の明日見つめて
めくるめく年金
壊れそうな時代に
責任は藪の中…自分の未納内緒にして
HARAE! HARAE!

記録振り返って 事実出るとき
何も変わらないほど 穏やかでも…

庁も事務所まで批判を避けない
Paid Zero 歩き出した。

誰が誤解だとか言って 納めてないもの
大切な確認はしたの 社保庁

壊れそうな信頼を
守るのは誰なの?
無視をして 取り乱して 自分に目が向かねばいい
この世界の Mystery
解き明かされる時
誰だって感じてた 粗末に見えちゃうだけのメッセージ
HARAE! HARAE!

知らないと言う官と 知らない個人
国会が呼ぶ前に お金出そう

表に出た福田
呆れるように笑う
菅出ないハズがない 何より国会に呼べ
めくるめく年金
壊れそうな時代に
責任は藪の中…自分のミスも言い訳して
HARAE! HARAE!

HARAE! HARAE! HARAE!
HARAE! HARAE! HARAE!


♪ 解説 - Parody Songs
(この解説は、曲が仮面ライダーブレイドのテーマということもあって 一部「オンドゥル語」の副音声もお楽しみになれます。)

〜若者が周りに着席するなか、中央で若者達に語りかける江角マキコ
「国民年金が貰えなくなるって言ったの誰?」
「ゴグヴィンベンギンガボラエナグナヅッデイッタドバダリディスカ-?」
「あなたの未来、どうなってもいいわけ?」
「ア゙ナタドヴィライ、ドルナッデボイインディスカ-?」
「今納めれば、老後きちんと貰えます」
「イヴァオザベレヴァ、ロウゴァキチントボラエバヅ」

そんなCMがブラウン管に流れていました。
納めていない人にとってはこんなことをテレビに言ったでしょう。
「何故見ているんです!」
「ナズェミデルンディス!!」
しかし、ここに大変な自体が・・このCMに出演していた江角マキコさん自身が 国民年金を納めていないという事実が発覚しました。コレを知った社会保険庁の剣崎(仮)は 知らせた先輩橘(仮)にこう叫んだといいます。
「橘さん、本当に裏切ったんですか?うわっ(お茶をこぼしてしまう)」
「ダヅィヴァナザン!!オンドゥルルラギッタンディスカー!!ウェェ」
でも、江角ファンの剣崎は江角をかばおうとしますが、そんな彼に橘はこう一括します。
「あんな人間何故かばう!」
「アンナアルンゲンナデカャール」
信じられない剣崎はその場に崩れ落ちます。
「何故だ・・・・嘘だ、嘘だそんなことー」
「ナヅェダ!・・・・ウソダ、ウソダドンドコドーン!!」
「オレも信じられない・・・恐怖心 俺の心に 恐怖心」

社保庁はCM契約の段階で、広告代理店を通じて事務所に書面で年金について確認をしたと いうことですが、代理店、事務所任せにしなくとも、社保庁自体で調べられるんですよね。
この件に関して、政府、国会でも議論がまきおこりました。福田官房長官は記者会見で
「人をおちょくってるとぶっ飛ばすぞ!」
「ヒドォオチョグテルトヴットバスゾ!」
と、苦笑いしたとかしないとか。菅直人民主党党首は与党に対して、 江角さん自身を国会に招いての承認喚問を求めると共に、
「オレは貴様をぶっ殺す」
「オレァ クサムヲ ムッコロス !! 」
とすごんでみたとかみてないとか。
それを受けて、江角マキコさんは、知ってて納めていないのではなく、気づかなかったという 記者会見のなかで、
「こんな自体になって・・オレの身体はボロボロだぁ!」
と崩れ落ちたとか落ちてないとか。

なにしろ、攻められるのは最初にやっておくべき確認をしなかった社保庁ですね。 タダでさえ、年金問題には不安がつきまとうというのに、これはどうかと・・
あと、気づかないって言うのも・・あんなに手紙とか来るのにね・・
え、なんでそんなこと知ってるかって?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ナズェミデルンディス!!


( Written by joe )
「パロディソングス」トップに戻る