『信者離れ』/社会事件/vodafone純減
原曲…『金魚花火』/大塚愛


♪信者離れ- Parody Songs
ドコモに 泳ぐ 信者に 悔しい 想いを 募らせて
真っ赤に 染まり 実らぬ 想いを 知りながら
それでも 伸ばしたいと 願ったの

※夏の匂い 雨の中で
VodaVoda起きる 信者離れ
光で 目がくらんで
一瞬うつるは 津田の余裕顔※

ドコモに 泳ぐ 信者は 醜さで 包まれぬよう
この夏だけの 契約と 決めて
少しの 時間だけでも
Vodaの 新規を 願ったの

△夏の匂い 夜が包んで
VodaVoda起きる 信者離れ
どんな言葉にも できない
一瞬うつるの 津田の余裕顔△

夏の匂い 雨の中で・・・・。
(※くり返し)
(△くり返し)


♪ 解説 - Parody Songs
リクエストにお答えして、vodafoneの歌です。
津田さんもいますよ。

では解説。
・信者〜vodaに限らずそのブランドがいいと信じている人の事です。ここでは、vodaです。
・真っ赤に〜赤い会社といえば・・・vodafone!!
・伸ばしたい〜新規顧客を伸ばしたいです。
・夏の匂い〜ちょうど梅雨ごろ?voda離れが始まったようなので(憶測に近い)
・津田〜ドコモの副社長だった津田さんです。vodafoneの社長になります。
・醜さ〜個人的にvodaが売れない理由はデザインじゃないかなあと思うので。ダサ。
・少しの〜vodaとしては夏の間だけでも新規がほしいと言うことです。

以上です。

まさかドコモ使いの自分が作るとは・・・。
まあ携帯なんて、話せりゃ・・・tu-kaだそりゃ。
初リク作品初成功ということに・・・なるといいな。

(補足:こちらは掲示板に合ったリクエスト書き込みに対してsong氏が制作した曲です。 今回はたまたまsong氏が書いてくれましたけど、いつもリクエスト採用するわけじゃないっすからねー)


( Written by song )
「パロディソングス」トップに戻る