『BE OVER』/社会問題/ミスド連続不祥事
原曲…『HOWEVER』/GLAY


♪BE OVER - Parody Songs
冷ややかな風が吹く ダスキンが
また一つ不祥事が起きている

牛乳がひどくやられている この陰に隠れて
掃除頼まない家もあるね 収支合わないままに
慣れない事業届かぬ管理 流行りそうな時にも
暗闇を駆け抜ける恐怖をくれたのはあなたでした

Uh…
絶え間なく続く不祥事を 永遠と呼ぶことができたなら
縫い針に気がつく事が どうしてもできなかった 検品の意味を知る
できれば復活させたい… ドーナツ屋の肉まんを
経営が禁止にならない様 注意だけしている

飲茶不祥事に心とまどい 虫入りのスープ出し
今思えば頼りないマニュアル 気付かない防止剤
それでもどんなに流行っていても 不安を感じているよ
今度戻ったら必死で伸ばそう やっぱりミスドがいいね いつも

Fu… 会社を背負う人々の群れにたたずんでいた
Fu… もっと流行る事業を探していた
“気付くのが遅すぎたね”と 社長辞めた時もある
衛生なってなくても 掃除屋の系列
傷つけたあなたに 今告げよう 百円で ドーナツ食え…

絶え間なく続く不祥事を 永遠と呼ぶことができたなら
縫い針に気がつく事が どうしてもできなかった 検品の意味を知る
見つかった日の空騒ぎを やる気ない店員を
不信感募る世間様 気の早い閉店を
肉まんを叩く全てを踏みつけて こっそりと始めてる

冷ややかな風が吹く 業界で


♪ 解説 - Parody Songs
食品の不祥事を連発する企業といえば雪印乳業を真っ先に思い浮かべがちですが、 なかなかどうしてミスタードーナツも負けてはいません。
昔から「ドーナツにゴキブリが入っている」という噂の絶えない店ですが、 マスコミが鳥やBSEやSARSで大騒ぎしている隙に ポテトクリームスープの中に虫が相次いで混入していたり、 景品のスリッパに縫い針が混入していたりするのです。
中でも一番有名なのは「大肉まん」の中にt‐ブチルヒドロキノンという日本では 使っちゃいけない酸化防止剤が含まれていた事件ですかね。
替え歌中の「防止剤」とはこれのことです。
そんなミスタードーナツは科学雑巾で有名なダスキンの系列。
ちなみにダスキンはあの水泳女子平泳ぎの金メダリストIもやってたという通信教育 もやっています。
そうですね、やはり掃除屋のくせにという感はぬぐえないですね。


( Written 瀧川京也春政 from 「鏡報」 )
「パロディソングス」トップに戻る