『夢見る総理じゃいられない』/政治行政/外務大臣更迭
原曲…『夢見る少女じゃいられない』/相川七瀬


♪夢見る総理じゃいられない - Parody Songs
午前0時の外務省 疑惑まじりの更迭 なんだか悪過ぎたこの時期は
抵抗をすり抜けて 改革たどりつきたい
支持率なんか怖い訳じゃない

ついに始まった真紀子の反抗 困ったもんだ 少し黙ってよ
ハートがどこか灼けるように痛いよ
小泉内閣 支持率 Down!Down!Down!Down!

☆もっと激しい支持に抱かれたい NoNo二度と戻れない
 素敵な支持に溺れたい NoNoもはや真紀子いない

☆☆更迭劇 今は 悔やんでる?
  真紀子が敵に回る
  夢見る総理じゃいられない


中途半端な時期ね 一番真紀子が悪い 時に何故か更迭できなくて
ムネオハウスや野上の恨み節もういいよ 高い支持が遠く消えてゆく

きっと自分が いつかこの政界を変えて行ける そんな気でいたの
もう「女の涙」なんて言わない
小泉内閣 支持率 Down!Down!Down!Down!

☆☆☆もっと改革に挑ませて NoNo自民変わらない
   橋本派抱き込みたい NoNoそれじゃ変われない

抵抗は 今も 続いてる
解ってる いつまでも
夢見る総理じゃいられない

☆Repeat

☆☆☆Repeat

☆☆Repeat


♪ 解説 - Parody Songs
NGO参加拒否問題を受けて、国会はてんやわんや
そこで、小泉首相が出した結果が事態をさらに重くしてしまいます。
小泉首相がいう、四方一両損、
関わったマキコさん、ムネオちゃん、ノガミ君をすべて辞めさせ
予算委員会の審議を進ませようとのこと。
(プラス首相が人材を失うという意味で四方です。)
しかし、それじゃ審議が進むわけもなく、かえって委員会はそのことだらけ
驚異的なものだった支持率もがた落ちになってしまいました。

折しも、マキコさんと小泉首相との仲も冷めてきてしまっていたのも事実
前回のマキコさんの涙事件も「女の涙は武器」発言をし
一連の事も静観してるといった様子でした。
「切るなら今しかない!」そんな印象もうかがえるのも事実です。

しかし、マキコさんのしたことはまさしく構造改革だったはず。
それを切ってしまった小泉首相、
参考人招致のマキコさんの言葉が象徴します。
「小泉首相自体が抵抗勢力になってしまった」

構造改革の限界、見えてしまっているのでしょうか?

(lyrics by ましまろ and commented by joe)

「パロディソングス」トップに戻る