『人にきびしく』/政治行政/辻元秘書給与疑惑
原曲…『人にやさしく』/THE BLUE HEARTS


♪人にきびしく- Parody Songs
気が狂いそう 政治家嘘が好きで
ああ あなたにも疑惑かい
自民党の中 鬼の首を取ったよう
ああ いつまでもドロ沼さ
僕は清美が 嘘を責める時は
新潮社の中から
ピンハネって言っている
聞こえてほしい あなたにも
ピンハネ!

人は誰でも 叩けばホコリ出るもの
ああ 拓なんて夜這いだって
叫ばなければ やり切れない思いを
ああ 有耶無耶に捨てないで
人にきびしく
してばかりいたんだね
僕が言ってやる
でっかい声で言ってやる
ピンハネって言ってやる
聞こえるかい ピンハネ!

きれいなだけじゃ 政治家出来ないけど
ああ 見逃してあげられない
期待はずれの 清美を見る時に
心の中では ピンハネって言っている
聞こえてほしい あなたにも
ピンハネ!


♪ 解説 - Parody Songs
辻元清美代議士の事件に関してはjoeさんのパロソンで
詳しい解説がなされていますのでそちらをご覧ください。

この曲の主人公は「週刊新潮」の記者です。
その為、必然的に辻元さんに対して厳しい言葉が浴びせられています。
でも、あれだけ激しくムネオちゃんを攻撃しておいて………。
これじゃあ「期待はずれ」って言われても仕方がないかも。

清美ちゃんの疑惑発覚でまさしく
「鬼の首を取ったよう」に喜んでいる自民党。
「このまま鈴木宗男も加藤紘一も有耶無耶にして逃げよう!」と
言ったかどうかは知らないが、「そうはさせるか!」とばかりに
山崎 拓幹事長の夜這い不倫疑惑を素っ破抜いたのが、
「週刊新潮」をライバルと公言している「週刊文春」(文藝春秋社)でした。
2002年3月20日に勃発した<新春戦争>その結果は………?

新聞でもワイドショーでも大きく取り上げられたのは清美ちゃん。
その度に「週刊新潮、週刊新潮」と名前を連呼してもらって
一躍知名度アップ、売上げ部数も伸びたことでしょう。
対する文春は山崎さんより山火事の方が大きく報道されてがっかり?
以前から発売日を同じにしてまで(値段も同じ!)新潮を
ライバル視してたのに、今回のスクープ合戦では完全に
水をあけられてしまいました。

でも私は田中真紀子さんが自身の疑惑について書かれている
文春の記事のコピーを読んでいた時、
「週刊文春は300円出してちゃんと買いましょう」などと
ツッコんでしまう文春のユーモアセンスが好きだったりします。
ガンバレ!という意味をこめて
山崎幹事長のことを詞の中に盛り込んでみました。

えぇーっと、話が替え歌の内容から思いっきり脱線しましたが、
ここでは「政治家なんてみんな同じようなことやってんだよ」という
国民の素直な気持ちを詞に書いてみました。
一言で言えば、「辻元よ、お前もか」ってことです。

ちなみにましまろは週刊誌の関係者ではありません。念のため

(written by ましまろ)

「パロディソングス」トップに戻る