『国の華』/政治行政/小泉首相靖国初詣
原曲…『雪の華』/中島美嘉


♪国の華 - Parody Songs
固い意志を 議場に並べ アメリカのあとをずっと歩いてる
手を結んでいいなりになって 出せと言われたら出しちゃうくらい

支持が冷たくなって ボクは焦りだした
ことしはこの月に 参拝しなけりゃ選挙がくる

今年、最初の初詣を 靖国へ行って
拝んでいるこの時間(とき)に シアワセがあふれだす
中国(China)とか韓国(Korea)じゃない ただ、国を愛してる
心からそう思った

ここにいるとマイクがあっても すがすがしいような気持ちになってる
この平和がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ

羽織袴着こんだ 今日は襟正して
どんな悲しい過去も ボクが理解へと変えてあげる

不意打ち的な初詣を 国の外からは
伝統だとも知らずに ボクの祈りを責める
他国のために代わりの 施設を造ることは
無いということを知った

もし時期を失ったとしたなら 嘘になって支持を減らすだろう
欺瞞(ぎまん)の 裁きに倒れた者も いつも九段のそこにいるよ

今年、最初の初詣を 靖国へ行って
拝んでいるこの時間(とき)に シアワセがあふれだす
中国(China)とか韓国(Korea)じゃない 英霊(えいれい)はずっと
このまま靖国でいい 素直にそう思える

この国に降り積もってく 参拝と反発が
2党の胸にそっとわだかまり残すよ 公明も宗教だと…

♪ 解説 - Parody Songs
人がファイナルソングと書いたそばからネタを投下するなんて!(挨拶)

今年もやっちゃいました、小泉首相の靖国神社参拝。
思えば、2001年の8月13日の参拝のときに、 パロソンでは「13の昼」「神社」が空前の大ヒットとなったわけですが、 首相の参拝もあれから4回目。さすがに中国も韓国も慣れてきたらしく、 文句の1つも言わなく‥‥そんなわけないですね。

ただでさえ自衛隊のイラク派兵で支持率を落としているところに、 なぜ参院選後ではなくて、1月に参拝を決めたのでしょうか。
元旦に参拝すれば「初詣でしょ」で軽く流せると思ったわけではないでしょうに。

この「初詣」に、国内外からはとうぜん、非難集中ピキピキドカーン!
連立相手の公明党すら「憲法への抵触や近隣諸国の反発を懸念」って、お前らが政教分離うんぬんを言うのかね? 最近じゃ『公明=草加学会』って書かれても否定もしないくせに! とは言葉にしませんが。

私はA級戦犯の「合祀」については、あくまで宗教上の考え方で、どうでもいいことだと思いますし、中国も韓国も、批判したければ勝手に吠えてろ(=弱い犬ほど良く吠える)と思うのですが‥‥、
一番問題なのはやはり政教分離じゃないですかね。あのとき構想が動き出した無宗教の戦没者慰霊施設の計画も、ここへきて足踏み状態だし。
まだまだ問題の根っこは、抜けそうもありません。

( Written by MiZ )
「パロディソングス」トップに戻る